BAR(バー)に通うと自然と友達が増えて合コン三昧になる

社会人になると女性と出逢う機会が減ります。

学生時代は出会いがいくつもあったのに、社会に出たら女性と出会う機会が減った、なんて悲鳴をあげている人もいるとかいないとか。

ちなみに僕の場合は逆で、学生時代は全く女性との縁がなく童貞のままで学校を卒業しました。そのせいなのか?僕は大人になってからの数年は、金と時間の全てを女遊びに費やしてきました。

僕は主にナンパ、合コン、出会い系サイトなどを利用して女性との出会いを増やしてきましたが、合コンの場合は自分から主催することはあまりなく、大抵は友達に呼ばれることが多かったです。

合コンは頻繁に呼ばれるとうざいですが、基本的には楽しくて気持ちがよいので、お金に余裕がある生活を送っている人なら積極的に参加すればよいんじゃないでしょうか。ナンパと違って勇気や度胸はいらないし、楽ちゃあ楽だし。

ただふつうは合コンする機会はなかなかないと思います。世の中には毎日のように合コンに参加している人もいるのですが、そういう人はほんのごく一部です。

でも、やろうと思えば毎日でも合コンに呼ばれるような仕組みを作り上げることはできます。そこで今回は合コンに呼んでくれるような男友達をつくる方法について話をしていきます。

特別な裏ワザというわけではありませんが、出会い探しに行き詰っている人は、たしかにこういう方法もあるな~ってくらいで、僕の話を聞いてもらえればと思います。

女友達が多い男と仲良くなる

チャラ男

合コンの機会を増やすためには、男友達の数が重要です。

ただし男友達を増やせばよいというわけではないので、付き合う相手はある程度選ぶようにしましょう。

僕自身は本来遊びまわるタイプではなくて、どっちかというとインドアで一人が好きなタイプの人間なので、普段遊ぶ人も似たような感じの人が多いです。キャバクラとかナンパとか合コンなどと無縁そうな人達とばかりつるんでますし、そのほうが一緒にいて気が楽です。

ですが、女の子を紹介してくれるような人はだいたい社交的で遊び人が多いです。お酒が好きで夜は必ず飲みに行き、いろんなお洒落な飲食店や飲み屋を知ってるようなタイプ。ピースの綾部とかカラテカの入江みたいなチャラチャラしたかんじ。そういう人たちと仲良くしておくと、合コンやパーティに誘われるようになります。

女の子を紹介してくれる人と知り合うには

ワイワイしたバー

それで、そういう同性の知りあいを増やすにはバーが最も適しています。バーといっても色々なタイプのお店がありますが、一人で静かに飲むのに適した大人な雰囲気のバーではなく、みんなでワイワイできるような騒がしい雰囲気のカウンターつきのお店を選びます。カラオケバーとかダーツバーとか。

そういうお店に通っていると、常連のお客さんからよく話しかけられます。気さくに声をかけてくれるような社交的な人は、男友達も女友達も多いので、仲良くなっておくとよいです。

お店によっては、店員さんがフレンドリーに話しかけてきます。仲良くなっておくと、他の常連さんを紹介してくれたり、お店が主催する花見やバーベキューや年末年始の飲み会などのイベントに誘ってくれるようになります。

あと合コンも誘ってくれます。バーの店員さんは女友達が多いからしょっちゅう飲み会を開いています。

バーは友達同士で探して回るのもよいし、一人で行くのもよいです。

友達同士だと楽しいですよね^^

僕の場合は、基本的に一人で飲みに行くことが多いです。

毎週合コンに呼ばれるためには

いやらしい合コン

飲み会に誘われたらなるべくお返しをしないといけません。誘われっぱなしにしていると、そのうち誰からも呼ばれなくなります。

僕だって合コンに呼ぶメンバーは選びます。どんなに親しい友人だろうがなんだろうが、見返りが期待できない人は呼びません。呼んでもストレスが溜まるだけです!

あ、ちょっといろいろなことを思い出してイライラしてきました。

僕はね一時期、月に1回ペースで合コンを主催していて毎回2,3人くらい同じ友達を誘っていたんですよ。でもね、そいつらときたら呼んだら呼ばれっぱなしで自分からはいっさい主催しようとも考えない奴らばっかだったから、なかなか飲み会のサイクルが回らなかったんです。

そんで、しばらく合コンを主催するのをやめていたら、あるときに友達Aが、「そろそろまた新しい子とエッチしたいから合コン主催してよ」と言ってきたんですよ。そこで僕は、「なんで俺が毎回主催しなきゃいけないんだよ。たまにはお前が合コン主催しろよ」と言ったら、そいつは嫌そうな顔をしたあとに、「自分の女友達を呼んでも俺が得しないから嫌だ」と鼻で笑いながら言ってきたんですよ!

もう、むかついたのなんの。それ以来、友達Aとは付き合いをやめました。

こういうことがあって、合コンの人選はちゃんと考えないとな~と思うようになりました。それからは、自分が合コンを主催する際は、親しい親しくない関係なく過去に僕を合コンに呼んでくれたことがある人達の中から選ぶようになりました。

で、そういう人達ってたいがいバーなどで知り合った人が多くて、一度こっちから誘うと喜んでくれます。すると合コンの誘いを他の人より優先的に受けるようになったためなのか、頻繁に誘われるようになりました。

それからは毎週、週に3回くらい色んな方々から合コンの誘いがくるようになりました。さすがに全部に応えることはできませんでしたがね。

ちなみに自分からは主催するのは2,3カ月に一回程度だったんですけど、それでも交友関係が広い人と付き合っていると、頻繁に呼んでくれるようになります。

なので合コンに呼ばれたら、感謝の誠意を表すつもりで最低でも一度くらいはお返しをするようにします。自分から主催するときは、見返りが期待できる人しか呼ばないように徹底すれば、グルグルと飲み会のサイクルがイイ感じに回りだします。

あとは合コン中、全力で場を盛り上げたり、女の子を楽しませたりと自分が参加することで場を盛り上げるのにプラスになるような何かを提示することが大事です。

最後に:合コンはあくまで出会いの一手段として

お持ち帰り

今回は飲み会や合コンの機会を増やすための方法を話しました。まずはお気に入りのお店を探してみてください。そしてできれば毎週一回でもいいので顔を出すようにして常連客や店員さんに顔を覚えられるようにしましょう。すると自然と人脈が広がるようになりいろんな所でのお誘いを受けるようになります。

ただし、出会いの場を合コンや飲み会だけに絞るのはあまりよくありません。合コンはワクワクするし、楽しい出会いの場なのですが、効率がよくありません。時間、手間、お金がかかるし、毎回エッチで可愛い女の子がくるわけではありません。

それにある程度、女性に対するコミュニケーション能力がないと次に繋げられません。なので日ごろからナンパやマッチングサイトなどを使って自分でも出会いを増やすようにしてみてください。場数を増やしていくことでコミュニケーション能力を上げることができるし、それに比例して女友達も増えていきます。女友達が増えればそれだけ呼べる数が増え、いつでも自分から合コンを主催することができるようになるので、ぜひ積極的に行動してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。